So-net無料ブログ作成

富士花鳥園 [■Animals (どうぶつたち)]

カラフトフクロウ.jpgクロオビヒナフクロウ.jpg
 カラフトフクロウ。    寝ている顔が笑って見える、クロオビヒナフクロウ。

富士花鳥園に行きました。
これが、とっても楽しかった! 

当たりです。[わーい(嬉しい顔)]
動物好きの方には、大おすすめにございます。

下部ホテルのロビーに
富士花鳥園の豪華24頁フルカラーのパンフレットがおいてありまして、
ついつい、「これって何部刷っているんだろうね、お金かかっているよね。」
なんていう下世話な話をしながらも、
鳥類大好きの友人がいっしょでしたので、向かった次第。

私たち夫婦も、一緒に行った鳥好き友人夫婦も、
それぞれ英国の猛禽類センターや、
ふくろう専門のセンターにも行ったことがある動物好き。

それはさておき、センター入場券を買う場所に、
もうちいちゃなふくろうさんがいるのです。
ちょこんと、お姉さんが座ったいる前に。
あまりにもおとなしいので、注意しないと見落とすほどです。


アフリカヒナフクロウ.jpgアフリカオオコノハズク.jpg
アフリカオオコノハズクとアフリカヒナフクロウ。

それぞれ名前がついていて、
名前を呼ぶと返事をしてくれる子もいました。


オオフクロウ.jpg

ところで、オオフクロウが2羽いるケージがありまして、
一羽が奥の地面にうずくまっていたんですね。
ずーーーーーーーーっと。
そのときは、てっきり体調が悪いんだとばかり思っていたのですが・・・、
帰宅して、花鳥園のスタッフの方のブログを拝見して、
うれしい誤解だとわかりました。

なんと、卵をあたためているんですって!!
無事にヒナが孵ることを、遠方よりお祈りいたします。

ベゴニアの花のレストラン.jpg
池.jpgフクシア.jpg
そして圧巻のベゴニア[かわいい]に囲まれた庭園。
大輪のベゴニアが満開に咲く下で、お茶やランチがいただけます。
幾種類ものフクシアも美しく咲いていました。

ベゴニア白.jpgベゴニア.jpg

コーヒーカップ.jpg桜羊羹セット.jpg
花の下でいただいたコーヒー。
お値段のわりに、しっかりと香りのあるおいしいコーヒーでした。
桜羊羹のセット。器やトレーもふくろうモチーフ。

羊羹.jpg

ハリスホークショウ.jpg
ハリスホークショー。

見た目はちょっと怖いけど、放し飼いのエミュー牧場?の中に入って、
エミューに手ずから餌をあげたり、
黒鳥に白鳥、鴨、そして色とりどりのオウムやインコにも餌をあげたり、
童心に返って、なかなか楽しい時間がすごせます。

興味のある方は、是非富士花鳥園のサイトをご覧ください。
グループは、掛川、神戸、松江にもあるようです。

掛川花鳥園」「神戸花鳥園」「松江フォーゲルパーク花鳥園


蛇足情報:英国のふくろうセンターおよびred kiteセンターのサイト
http://owlcentre.com/owlcentre.html
http://www.kirkleathamowlcentre.org.uk/
http://www.owlcentre.co.uk/
http://www.owls.org/
http://www.kamoltd.co.jp/fuji/
http://www.baytreeowlcentre.co.uk/
http://www.redkiteswales.co.uk/


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。