So-net無料ブログ作成

Louis Wain (ルイス・ウェイン) vol.01 [■Antiques & Collectables]

1集会.jpg
                            [アート]英国人の知人所有のオリジナルの油絵。

本日は、私が集めている猫イラストの一部をご紹介。

画家の名は、Louis Wain(1860年8月5日~1939年7月4日)。
日本語では、ルイス・ウェインと訳されることが多いが、
本国で彼の作品を探す際に「ルイス」と発音したら考え込まれ、
スペルを言ったところ「ルイ・ウェン」と返された[たらーっ(汗)]

日本ではほとんど知られていないが、英国では猫を対象とした作品で知られており、
実際に彼が描いた作品の価格はなかなかのお値段で、
安くとも2~3百万円で欧米では取引されている。
欧米には熱心なコレクターも多い。

彼の作品がポストカードになっていたりするので、どこかで目にされたことがあるかも。

hagaki.jpgサイズ変更ウィザード-3.jpgルイ3.jpg

左は、私が初めて購入した使用済みの絵葉書。
裏には、実際に使った人の名前や住所、メッセージが残されていて、それがまたおもしろい。

晩年には統合失調症を患い、作風がどんどんと変化していく。

因みに、何年か前に海外で開催された統合失調症の専門学会のポスターの絵に
使われたこともあるようで、実物は一度だけ英国人コレクターに見せてもらったことあり。

彼について興味をもたれた方は↓ウィキペディア(Wikipedia)をお読みください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3

ルイえ1.jpgルイえ5.jpgルイえ4.jpg的絵.jpg

英国では、子供の絵本や雑誌などに挿絵として使われたプリントページを切り取って、
マウントしたものが、作品として販売されている。

ルイえ2.jpgルイえ3.jpg

白黒プリントの切り抜きに、勝手に色付けしてマウントしたものも、よく見かける。

ルイ皿.jpg ルイピルケース.jpg

子供用の[喫茶店]C&S(カップ&ソーサー)セット。こちらは古いもの。
最近のお土産用に販売されている、銀製のピルケースにプリントされていたりもする。

ルイ本.jpgルイ本2.jpg

Louis Wainの関係書。他にも何冊か所有しているので、おいおいご紹介したい。


因みに、猫だけでなく犬の絵も描いていますが、犬の場合はリアルなタッチがほとんどです。



コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

shironecohana

オリジナル油絵、ステキですね〜。
実物…もっとステキなんでしょうね〜。

色々な作風で描かれる作家さんだったんですね。
長毛猫の絵って なかなか見かけないので(←絵に詳しくないので、よけいそう思うのかも)、嬉しいです☆
真ん中のモノクロ長毛種猫さん、きっとチンチラさんですよね。
長毛種を飼ってらしたのかしら?
by shironecohana (2010-03-05 18:16) 

A子

すんごく、、、、絵勉強になります
いま画面ガン見してます( ゚д゚)(゜ρ゜)
by A子 (2010-03-06 09:17) 

lancian

>shironecohana
オリジナルの絵は、本当に素敵でした。
知人は、この他にも多くのオリジナル画を所蔵していて、
それらを撮影してプリントして額に入れて販売していました。
この英国人、額装職人なんですよ。

ルイ・ウェンは奥さんが飼っていた猫を描いて、
病気の奥さんを励まそうとしたことをきっかけに擬人化した猫を
描きはじめたのだそうです。



by lancian (2010-03-06 17:57) 

lancian

>A子様
流石に目の付けどころが違いますね、奥様(笑)。
晩年の病気を患ってからの作品は、絵に素人の私でも興味深いものがあります。
by lancian (2010-03-06 18:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。