So-net無料ブログ作成

The Walking Stick Shop (杖専門店) [■UK (英国)]

先日も書きましたが、一時夫婦でステッキ(杖)にはまりまして、
アンティークマーケットへ行っては、杖を探していた時期があります。
自分が使える長さ、保存程度、デザイン、スタイル、そしてお値段と、
すべての条件を満たせるものにめぐり合えることは、なかなかありません。
そこがアンティーク製品を捜す醍醐味でもあったりします。

そんな杖探しの中で、ロンドンから車で1~2時間南に位置するWest Sussex州の
Arundel(アランデル)という小さな街に、すばらしい杖の専門店を見つけたのです。
かれこれ10年ほど前になります。

imageresizer.jpg
それが、The Walking Stick Shop

その後私は、義母と一緒にも、このお店を訪れました。
店の中には、数え切れないほどの名品ステッキが、まるで博物館のごとく展示してあります。

cornerantiquesticks.jpgoverall.jpg

店主のStuart(スチュワート)さんは、とても丁寧に説明してくださり、
そんなコレクションの中から、貴重な品をも惜しげもなく手にさせてくれました。

母.jpg
彼の手の中にある、輝いて見える杖、これはガラス製。
その昔、社交界の女性たちの間で、ガラスの杖に大輪の花をつけて持つ
というのがはやったのだそうです。
ガラスですから、割れやすく、実用的ではなく、あくまでファッション小物のひとつ。
割れずに残っているのは、大変珍しいのだとか。

義母が手に持たせてもらっている杖も、昔貴婦人が好んで持ったスタイルのひとつなんだとか。

他に、現行品の杖と英国ならではの傘も販売されています。
機会があれば、一度足をのばされてみてはいかがでしょう?

walk-to-arundel-(6).jpg
美しい街ですので、お散歩もおすすめです。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

お茶屋

杖専門店!こんなにも種類があるとは・・・驚きです!
あ、iPad買いました☆色々試しております。
by お茶屋 (2010-06-08 09:35) 

lancian

>お茶屋さん
 行って(@_@;)びっくりでしたよぉ。

 iPadいいなぁ、いいなぁ、レポートしてね。
 お茶屋さんなら、お店でもおもしろい使い方で、
 ご年配のお客様の心をさらにつかんじゃいそうですね。
by lancian (2010-06-08 16:35) 

yukari

うぁぁ~ステキ過ぎ。アランデルという街なんですかぁ。行ってみたい。イギリスは田舎街がいいですよね。イギリスに限らず、ヨーロッパは小さな村や街にとんでもないステキなアンティークの掘り出し物がありそうですよね。
あぁぁ~ユーロ安いうちに行きたいですぅ。
by yukari (2010-06-09 16:32) 

lancian

>yukari さん
 そうなんですよねぇ、「アンティークディーラーズガイド」という冊子に
 英国中のどこかで毎日開催されているアンティークフェアーの
 スケジュールがのっておりまして(最近はみていませんが)、
 以前は、それをみながらどんどんロンドンから離れて物色してました。
 ロンドン市内のマーケットには、良い品物が集まっていますが、高い。
 時間がないときに効率よく探すのには便利です。
 でも、あるかないかわからないやっすーい掘り出し物を探して歩くのが
 楽しいんですよぉ。
by lancian (2010-06-09 20:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。